ツイッターで分かる仕手株、富士フィルムの場合

ツイッターで株を調べている男性株式投資を行っていく上で避けて通れない存在が仕手株です。仕手株とはいままで出来高のなかった銘柄がある日突然急騰し、実際の業績とは乖離した株価になる銘柄です。これだけ聞くと儲かりそうですが仕手株は一般的にピークを過ぎると急落し以前と同じ、あるいはそれ以下の株価に下がってしまいます。高値で掴んでしまうと滅多にその買った株価に戻ることはありません。
最近ではSNSが普及し多くの情報が行き交っていますが、仕手株を避けるのにもSNSは有効です。例えばツイッターなんかで株について検索していると今後上がる株式と銘打って銘柄名を呟く人がいます。基本的にこういった銘柄を掴んで儲かったという人はほとんどいません。これは何のために呟いているのかというとその仕手株の出来高を増やすための煽りなのが一般的です。基本的に株式投資において誰かのいうことを鵜呑みにして購入するのは危険です。投資は自己責任というように自分の意見はっきり持って購入することをお勧めします。

さて、富士フィルムの場合はどうでしょうか。富士フィルムはカメラのフィルムを作っている企業ですが、近年は製薬事業に進出し大きな利益を上げている企業です。一般的にこのような大企業は業績が安定しているため、仕手株になる可能性は極めて低いです。またSNSでも買い煽られるようなことはほとんどありません。むしろ安定して資産を形成していくのであれば仕手株になる可能性の高い銘柄ではなく、毎年安定した収益を生み出す銘柄を購入するべきです。そういう点では富士フィルムについては購入の検討は充分にあると思います。投資は自己判断です。自分の判断でリスクを減らし、資産形成を行っていきましょう。