仕手株の標的とされやすいレナウンやアルファポリス

100円前後の株価仕手株というのは人為的に株価を操作されるものであるため、第一条件として株価が操作しやすいというものがあります。東証一部の超大型銘柄などは時価総額も大きく、相当な資金力があっても株価を操縦するのは難しいものですが、逆に東証一部でも時価総額の低い小型銘柄でしかも注目を浴びづらいものは狙われやすいといえます。
あるいは新興銘柄の閑散としている銘柄も狙われやすいため、このような銘柄を売買するときには注意が必要です。

レナウンは東証一部に上場している企業ですが、業績的にも大きな伸びしろがないので100円前後で株価が低迷をしています。時価総額も100億円程度しかないので、少し資金力がある仕手筋が狙いをつければ操作をすることもそれほど難しいものではありません。
実際レナウンは事あるごとに一時的に上昇をしては、株価が元に戻るという繰り返しをしているので典型的な仕手株銘柄だといえるでしょう。

新興銘柄で言えば、アルファポリスのような時価総額が60億円にも満たないぐらいの銘柄だと、仕手株として扱いやすいものとなります。
ただし、アルファポリス自体はまだ上場してそれほど時間がたっているわけではないため、それまでの値動き自体は新興銘柄らしい乱高下の激しいものとなっていて、仕手株のような値動きをしていただけに急な動きをしてもそれが仕手株なのかどうなのか判別つきにくいものとなってました。

新興銘柄というのは、企業に実態よりも期待で買われる部分が大きいので仕手株と似たような動きをしやすいだけに、値動きの理由を判別しづらいものとなっています。直近は底値圏に近づいてきて、値動きも落ち着きつつあるため投資を考えているのであればこのあたりから同行をしっかり確認することが大切です。