仕手株は法律違反でなくても資産を溶かすリスクがある

仕手株というのは手がけるグループに関しては、株価操縦の疑いがかかるので法律違反となりますがそれに乗じること自体は問題ありません。
しかし、仕手株と言うのは非常にリスクが高いものとなっているので下手に手を出せば、資産を溶かしてしまって終わる可能性が高いものとなっています。仕手株に選ばれるような銘柄というのは、企業としての価値がほとんどない銘柄が選ばれることが多いので、株価が上がったところで買ってしまうと全く無価値な株を高値で買ってしまうだけということになります。

株価で損をした人まだ上昇するだろうと思っていて、企業の持つ本来の価値よりもずっと高い株価で購入をするといつまでたっても株価が回復せず、いつまでも塩漬けになるかあるいは大きな損切りを余儀なくされてしまいます。仕手筋は株価を上手く上下させて釣り上げをしていきますから、素人が安易に飛びつくと高値で買わされて安値で売らされることになってしまうのです。散々振り回された挙句に最後は一番高いところでボロ株を掴まされてしまって、身動きが取れなくなってしまい資産を大きく溶かすことにつながってしまいます。

仕手株で利益を狙うとするのであれば、仕手化される前に仕手株になりそうな銘柄を見つけてそれにいくらか投資をしておくというのが比較的リスクの少ない方法となります。
しかし、この方法も絶対的に安全な方法ではなく仕手株に選ばれやすい銘柄というのはそもそも経営状態などに不安がありますから、更なる株価の下落最悪の場合には倒産といったことも考えられるので、仕手化されなければされないで無駄にリスクを負ってしまうことになりますから基本的には仕手株には手出し無用と考えるのが安全です。